旅慣れしていない高齢者が海外旅行で注意すべきこと

昨今のように大手旅行会社が一年中、世界中の観光地や世界遺産等、国内で見られないツアーを企画してDM、新聞広告、ウエブサイト等で海外旅行参加を誘っています。

旅慣れしていない高齢者が海外旅行で注意すべきこと

旅慣れしていない高齢者が海外旅行で注意すべきこと 昨今のように大手旅行会社が一年中、世界中の観光地や世界遺産等、国内で見られないツアーを企画してDM、新聞広告、ウエブサイト等で海外旅行参加を誘っています。しかも、航空会社や旅行会社同士の競争も激しいと見えて旅行代金も値下がり傾向なので、まとまった日数の休暇と給料1か月分程度の費用を用意できれば誰でもが希望する所へ海外旅行に出かけられます。

最近は年間1700万人を超える旅行者が海外へ出かけていますが、初めて海外へ行く人やめったに海外へ行ったことのない人が海外旅行へ行こうとすれば国内旅行と比べようがないほど気が高ぶるはずです。従って、余り旅行に出かけない人が海外旅行に出かける場合、添乗員付きのパックツアーでも様々な注意点があるので、事前に旅行会社の担当者やウエブサイト等から十分に情報を収集して出かけるべきです。

その上、初めての旅行先で嬉しさのあまり、羽目を外して単独行動するような無茶をしないことが必要です。海外旅行に出かけると注意点は言葉や生活習慣の違いだけでありません。遠隔地へ行くほどに時差と季節の違いが大きくなるので、特に、高齢者には体力的にきつい体験となります。中でも、アフリカ大陸や南アメリカ大陸まで出かける海外旅行であれば季節が国内と正反対で時差も半日あるわけですから、日本を出発して現地に到着して数日間はゆっくり体を慣らす必要があります。従って、高齢者が現地到着後、すぐに移動距離の多い旅程を組んでいるツアーに参加することは要注意でしょう。

Copyright (C)2019旅慣れしていない高齢者が海外旅行で注意すべきこと.All rights reserved.