旅慣れしていない高齢者が海外旅行で注意すべきこと

旅行は旅に出ること、今住んでいる家とは別の場所に行くことですが、現在は旅行は各地の名所、旧跡などに観光に行くことととらえている人がほとんどのようです。

行った先の数以外にも価値がある旅行

旅慣れしていない高齢者が海外旅行で注意すべきこと 旅行は旅に出ること、今住んでいる家とは別の場所に行くことですが、現在は旅行は各地の名所、旧跡などに観光に行くことととらえている人がほとんどのようです。旅行は日常生活から離れることができる手段のひとつです。他にも日常を離れるためにできることはそれぞれにたくさんありますが、その中でも旅行ほど非日常を感じることができることはないかもしれません。

今いる場所に不満とまでは行かなくても、どこか別のところにいたら違うかもしれない、違うところに行ってみたいという希望を持つ人は少なくないかもしれません。でも、生活すべてを変えてしまうことはできないので、そんなときにたよれるのが旅行といってもいいでしょう。旅行の話はいつでも楽しい話が多く、あそこに行った、ここにも行ったという行った場所の数や回数が多ければ多いほどその楽しい記憶もたくさん持てるようなかんじもしますが、旅行の価値は数だけではないかもしれません。

旅行に行った先でどれだけ多くの実りある体験をすることができたかということも大切な旅行の要素でしょう。それは観光地であれを見たなどということだけではなく、その土地の人とのふれあいなど、たとえば何気ない駅やバス停でのちょっとしたおしゃべりでも、普段接することがないような人と少し話をしたというだけで、いつまでもその人のことが心に残っている経験をするかもしれません。旅行は場所や数だけではないところに価値があると認識することも人生を豊かにするためには必要かもしれません。

Copyright (C)2019旅慣れしていない高齢者が海外旅行で注意すべきこと.All rights reserved.