運動しなきゃが続かない私。体を動かそうダイエットに切り替えてみました。

毎年春になると、今年こそは夏に向けてダイエットしようと思うのですが、明日からにしよう、いや来週からでいいか・・と言っている間に気温は段々と高くなり、暑くなれば運動する気は一層失せてしまい、体はブヨブヨのまま夏を迎えるハメになっていました。夏は体型をカバーするためダボダボしたTシャツなどを着用し、涼しくなってくれば上着のおかげで体型を気にすることもなくなります。運動不足のまま冬を過ごし、春に向けて暖かくなりいざ上着を脱ぐことになる頃、またこの気になる体型と向き合うことに・・四季を繰り返すたびに脂肪を蓄積してきました。

この悩めるお腹周りは完全に運動不足によるものです。
私は甘いものも脂っこいものも好きではありません。これは食べるとやめられない、というものもありません。
実は体重はずっと変わっていないのです。
顎もスッキリしていますし、腕も細く二の腕にプルプルもありません。
家の中で座っていることのほうが多く、結果、水風船を持ち上げたような体型が出来上がってしまいました。
運動不足は痛感していてもどんな運動をしたら良いのかもわかりません。

ある日、いつものように何となくテレビの通販番組を見ていた時です。腰周りをシェイプする器具を紹介していました。椅子に置きその上にお尻を載せると、まるでロデオマシンのようにゆらゆらと揺れ、お腹周りの筋肉運動を促すというものでした。
その商品を購入したというわけではなく、番組を見ながら、自分が座っているただの椅子で同じ動きをしてみました。タテ・ヨコ・ナナメと、複雑な動きをする器具によって体を動かされるのではなく、自分の力で筋肉を使うことで、真似るだけで結構な筋肉運動になることがわかりました。
さあ今から運動する時間、と意気込むこともなく、テレビを見ながらや音楽をかけながらなど「ながら運動」ができ、さらに意識して足の動きを大きくしてみたり背中を反ってみたりと、自分の加減で筋肉への働きかけが調整できるので、短時間で疲れを感じるほどの運動になります。
3日続けてみると、腹筋にはしばらく感じたこともなかった筋肉痛のようなものが感じられ、背中は自分で背骨をなぞれる感触があります。ここでマイナス何cmといった計測はしません。毎日履いているズボンの感覚からすると、さほど目に見える変化はないだろうと予測できるからです。私の性格上、数字で結果が出ないと倦怠感を持ってしまうと思ったので、あくまでも「この3日でお腹周りが少しスッキリした感覚がある」という程度で良しとしました。
日頃運動不足を実感しながらも、いざスポーツをしようと思っても何をどうして良いのやらと困惑してしまいがちですが、家の中でも筋肉運動は十分できることがわかりました。
毎日腹筋・背筋を何十回しようなどと目標を立てても、そもそも運動嫌いの性格であれば苦痛にすら感じ実行するわけがありません。
毎日、思いついた時になんとなくゆらゆら体を動かすだけでも運動になります。

床にペタンと座り、両足を前に伸ばしたまま進むお尻歩きというのもやってみました。
肘を大きく振ってみたり腕をまっすぐ上や横に伸ばしたりと、上半身の動きにも意識して動いてみると、椅子で揺れるのとはまた違った筋肉を使うことができて、さらに引き締まったような感じがあります。
マイナス何cm!と計測はしなくても、とにかく毎日体を動かし、ブヨブヨだったお腹周りがなんとなく締まった気がする、そう自分で思えるだけで十分なダイエットがあっても良いと思います。これは自分に甘~い私の、ダイエットに対する考え方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です