運動が苦手な私まずはストレッチで体を動かそうダイエット

この春、子供が小学校に入学しました。
これまでは保育園への送り迎えを、軽い運動も兼ねて自転車や徒歩でしてきました。
小学校に通うようになり、一人で登下校するようになると、ものすごく運動不足を実感するようになりました。
足首とふくらはぎの区別がつかないほどにむくみ、腰周りは今まで見て見ぬふりを重ねてきた結果、無残な体型になってしまっています。
運動不足は感じています。しかし、もともと運動が好きではない人間は、いざ「運動しなきゃ」と言っても、実際はやらないのです。私のことです。
家でじーっとしている時間、せめてストレッチをしよう、そう思いつきました。

昔、腕をまっすぐ上に伸ばして手を合わせ、ウエストをねじりながら前進する体操が流行ったことを思い出し、まずはウエストをねじるストレッチをしてみました。

まずは立ったままで、足を前後に開脚し、出した足の方へ体をまっすぐ伸ばしたままにしてねじります。右足が前なら右にねじります。
体が前へ曲がらないように、後ろを振り向くような感じでねじります。
反対側も同じようにし、数回繰り返します。ここで、何秒とか何回とか決めてしまわずに、その時の気分で良しとします。
両方をまんべんなくストレッチしてやることが大事です。

次は仰向けになり、片方の膝を上げて腰からねじるように反対側へ倒してやります。
右の膝を左側の腰から床に持ってくる気持ちです。この時両腕は横にまっすぐ伸ばしたままにします。背中からストレッチされるような感じがあります。

仰向けで腰と背中のストレッチができたら、次はそのまま床に座って開脚と前屈をして足のストレッチをします。
開脚して右と左と前と体を倒していきますが、ペタンと体が膝や床につかなくても、ふとももやふくらはぎが伸ばされていることが実感できれば良しです。
足を閉じて前屈をし、また開脚をして右、左、前と繰り返し足のストレッチをします。

最後に、両足を伸ばしつま先を上に向けて座った状態で、背筋を伸ばし肘を曲げて大きく振りながら、お尻歩きをします。
膝を曲げずに、お尻と腕の振りで前進し、同じ要領で後進もします。数回往復できたら終了です。

初日、ひと通りストレッチしてみてから体を触ると、明らかにスッキリしているのがわかります。
まずこの3パターンだけは必ず取り入れ、余裕があればアレンジも加えて続けてみようと思いました。

3日ほど続けてみると、鏡で見る限りでは全く変化はないのですが、腰や背中に手を当ててみるとスッキリしている感じが良くわかります。
足のむくみもとれ、筋がはっきりし指でなぞることができます。

見た目では変化がまだわからない状態なのですが、このまま続けて、誰から見てもスッキリ細くなったと言われるようにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です