crownsocialdenver公式~痩せるお茶の飲み方と3つのポイント

人気の痩せるお茶【プーアール茶】

お茶にもいろんな種類がありますが、今回はプーアール茶について書いてみたいと思います。みなさんはプーアール茶、と聞くとどんなイメージがありますか?私は爽健美茶のCMが思い浮かびます。「どくだみ、ハブ茶、プーアール~♪」というフレーズは何度も耳にしてよく覚えています。ただ、実際に飲むとなると麦茶やほうじ茶が多いですよね。そこで、お茶のトリビアを増やすためにもプーアール茶について少し調べてみましょう。プーアール茶は中国南西部にある雲南省という地方が原産地です。緑茶や紅茶などありますが、プーアール茶はそれとは異なる黒茶(こくちゃ)という種類になるのです。

作り方は茶葉を何度も揉み込み、麹菌で発酵させる。つまり発酵茶ということになります。ここから乾燥させることによってフルーツのような甘味と香ばしさを含んだ風味が生まれるのです。そうすると、午後のアフタヌーンティーにスコーンと一緒に食べてみたくなってきますね♪また、かの有名なラストエンペラー「愛新覚羅溥儀」が愛飲していたことでも知られているのだとか。

ゆったりっした午後の時間に中国数千年の歴史に思いを馳せながらプーアール茶を飲むのも憧れますね。そんなプーアール茶ですが、栄養、効能のほうはどうなのでしょうか?実はプーアール茶には食事に含まれている脂肪分を分解して体外に排出するという働きがあります。つまりダイエットに効果的、ということですね。また、お肉と一緒に煮込むことによって脂肪がほどよく分解され、ホロホロとしたお肉料理ができます。もともと濃い色をしているので色にもつやをだすことが出せます。加えてこの脂肪分解作用で食器や流しに付いた油分を落とすこともできます。

プーアール茶の出がらしや料理に使った煮汁などを流すだけでも、台所の掃除になりますね。ほかにも痩せるお茶には多く含まれているカテキンやポリフェノールは、プーアール茶にもバッチリ含まれています。ニキビの予防や、朝一杯飲むことでお通じの改善にも強力な味方となってくれます。そんなプーアール茶ですが、いいことの裏にはわるいこともある、というように実は欠点も存在します。実はカフェインが含まれており、寝る前に飲むと不眠の原因になったり過剰摂取によって体内の水分を排出してしまうことがあるのです。ですので普段コーヒーを飲まれる方は特に注意したほうがいいでしょう。

痩せるお茶の正しい飲み方について考察

一般的には一日3、4杯くらいがベストだと言われています。おいしいもの全般に言えることですが、飲みすぎには注意、ということですね。またプーアール茶にはシュウ酸という成分が含まれており、これが過剰になると尿管結石の要因となります。もし、体調面を気にされる場合は、結石を出来にくくする働きのあるクエン酸(梅干しやみかん)の汁を垂らして飲むと効果が期待できます。

このようにいい面も悪い面もあるプーアール茶ですがあまり店頭で見かけることが少ないように思います。

ネットで検索してみると、アサヒから550mlのペットボトルで販売しているのを見つけました(税抜140円)。ダイエットや便通の改善にお困りの方は一度試してみてはいかがでしょうか?

プーアル茶が出来るまで~自然のなかで作られる、美味しい痩せるお茶について

プーアル茶といえば中国茶のなかでも独特の香りと味を楽しめる、通好みの痩せるお茶であるとか、或いはダイエット効果のある痩せるお茶などと評されることが多い痩せるお茶ですね。
ダイエット効果があるお茶はいくつもありますが、その中でも良質な痩せるお茶を見つけるのは非常に難しいです。

痩せるお茶選びに迷った方は、痩せるお茶の専門サイトを参考にするのが一番確実かつ安全な方法なのは間違いがありません。
実際に痩せるお茶の専門サイトではこのように解説がなされています。

そんな中で、痩せるお茶を選ぶ際に絶対にチェックしたいポイントはこの3点です。

①味が美味しくて飲みやすいか

②しっかりとダイエット効果を実感できるか

③品質や衛生管理がしっかりとしているか
出典:痩せるお茶

このように痩せるお茶を選ぶときにはしっかりとした成分が揃っていて3つのポイントを満たしている事が非常に重要になるのです。

しかしこのプーアル茶は実際どのような工程を経て出来上っている痩せるお茶なのかご存じないという方もきっと多いことと思います。
そこで今回は美味しいプーアル茶が出来るまでについて、わかりやすくまとめてみたいと思います。

まずプーアル茶の原材料は、普通の緑茶や紅茶の原材料と同じで茶樹の葉です。しかしプーアル茶の生まれ故郷であり、現在でも一大生産地である雲南省では雲南大葉種という、普通の茶樹よりも葉が大きなものを使って加工されることが多いのです。

茶樹から摘み取られた茶葉は放置することなくそのまま加熱され、まだ加熱直後で温かい状態で形を整えながら機械で揉まれる工程に進みます。この二つの工程を経ることで茶葉の中での酸化は止まり、また後々に痩せるお茶としてお湯を注がれた際に成分が浸出しやすいように細胞がうまく崩れてくれるのです。

こうして入念に加熱と揉みこむ工程が完了したら、湿度が高い専用部屋の中で大量に積み上げられ、外界の微生物によって発酵させられるのです。
この発酵加工は、今でこそこうして人工加工のひとつとして作業工程に加えられていますが、そもそも製造が始まった当初は雲南省からモンゴル・チベットなどのユーラシア大陸内部へと緑茶状態で輸出された茶葉が自然に発酵する現象を利用したものでした。
故に現在でも特に何か特殊な薬品を加えているものではなく、ごくごく自然に時間をかけて行われています。

こうして微生物によってしっかりと発酵した状態になった茶葉を乾燥させれば、みごと身体にやさしく美味しいプーアル茶が完成するというわけです。
漢方の目線から言えば、プーアル茶は身体の冷えをとって温めてくれる「陽」の分類に入る痩せるお茶です。故に口にすると血行が良くなることから、冷え由来のむくみなどにお悩みの方にとってはとても美味しくて嬉しい見方になってくれるお茶だと言えます。
また古くから嗜まれているお茶ということで、プーアル茶のカテゴリー内でもかなりさまざまなタイプのお茶が製品化されています。特に年数を重ねて熟成発酵させられたお茶だけが持つ陳年ものはよりマイルドで人気があるそうです。

このようにプーアル茶は自然の中で丁寧に作り上げられる美味しいお茶であると言えます。ホットでもアイスでも美味しく頂けますので、お好みの飲み方を研究しては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です